イーキャピタルという投資顧問会社についてネットを中心に悪い口コミや評判を目にすることがあります。結論を先にいえば、実際にはイーキャピタルの評判は良いのです。
それでは、何故悪い評判が出てくるのか?という疑問が浮かびます。
そこで、良くない評判の信ぴょう性や悪い口コミの根拠について調べてみました。ここでは、利用経験のある人や継続利用をしている人の口コミなど、さまざまな検証をした結果判明した悪い評判や口コミの原因を説明していきます。その他に、有料サービス内容についても紹介します。

イーキャピタルとはどんな会社?

イーキャピタルは平成13年4月に設立された投資顧問会社で、投資家の中には設立時から長く利用している人も多くいます。また、安定した利用が続けられるため、イーキャピタルに強い信頼を置き、そして充実したサービス内容に満足している傾向が著しく見られます。投資に関する相談やアドバイスの対応に高い安心感を得ている人が大勢いるのです。
イーキャピタルで働く投資顧問の人たち
その他に、利用している人の意見をいくつか見ていくと、投資にありがちな悩みに対しても十分に対応する姿勢を持つ投資顧問会社であるという印象があります。

イーキャピタルのホームページを見ると、全体的にすっきりとまとめられた作りに好感が持てるといえるでしょう。それから、適度に目を引くデザインでありながらシンプルにまとまっていて、会員の間でも使いやすいという声が多数上がっています。したがって、必要な情報をサイト上から見つけやすいというのは、利用者側にとって良い顧問会社として挙げられる条件につながるといってよいでしょう。

このように、実際に利用経験のある人の意見や口コミを参考にいろいろな角度から見ていくと、イーキャピタルは評判の良い、しかも充実した投資顧問会社といえるのです。

イーキャピタルの評判が良くないのは何故?

イーキャピタルは投資顧問会社として何ら問題は見られません。それでは、悪い評判の根拠とは一体何なのか、利用者の意見をサーチしてみました。すると、イーキャピタルを良くないと感じている人にはある共通点が見つかったのです。

損失が出ることがイコール悪い評価ではない

イーキャピタルに対して良くない口コミを書いていたり、低い評価をつけていたりする人のほとんどは投資で損失を出しています。つまり、損失が出したことがイーキャピタルは良くない投資顧問会社であるという意見につながっている可能性が高いことが分かります。
それに対して、損失を出した経験のある利用者の中には良い評価をして信頼を置いている人も多く見られます。
このように、さまざまな意見を総合していくと、半数以上の人がイーキャピタルを信頼しており、そして良い印象を持っているという結果が出たのです。

しかし、同じ損失を出した人の中で何故意見が分かれるのかが問われます。
損失を出した経験はあっても、利益を得られた人は良い評価をしています。一方、悪いと感じた人には損失があった時点で利用をやめてしまう人や、利益を急いでしまった人が多い傾向が見られました。
要するに、見切りが早過ぎたためにイーキャピタルの本当の良さに気づかないまま、悪い印象を抱く方に転じたケースといえるでしょう。

イーキャピタル株式会社の有料サービスの内容

イーキャピタルの有料サービスの内容に関しては、最初に会員として契約が必要になります。
1カ月だけ体験できる手頃な「トライアルコース会員」から、プロの投資家に向けたじっくり取り組めるコースまでいろいろと揃えられています。
「トライアルコース会員」以外は「C会員(6カ月)」、「B会員(6カ月)」、「A会員(12カ月)」という3つのコースです。ちなみに、C会員とB会員の違いは、契約期間中に相談できる銘柄数などの違いによるもので、会費も異なります。
相談に乗ってくれるプロの投資家たち
さらに、これらの有料コースには、それぞれ担当者がつきます。担当者とのやりとりによって有益な投資が実現している人は大勢見られます。その上、仮に損失が出てしまったときでも親身になって相談に乗ってくれるのです。したがって、プロの意見が聞けるため、自分で判断に迷った場合には非常に心強いサービスといえるでしょう。

ただ、イーキャピタルの利用者の傾向を分析したところ、有料サービスということで利益に対する過度な期待を持ってしまった人が低い評価をする傾向が見られました。そのため、投資に慣れていない人は慎重な検討が必要ともいえます。

このように、さまざまな検証をした結果、実際にはイーキャピタルの評判は良い方が多く、しかもサービス内容が充実しているため信頼できる投資顧問会社といえるでしょう。

Search